これからの教育を考える

小学生

どんなことが学べるのか

石川県の幼児教育塾は、0歳から対応している教室もたくさんあります。石川の地元密着型の塾もありますし、石川だけでなく全国で塾を展開している大手塾による石川教室も開かれています。現在日本でも幼児教育は非常に関心が高いですが、具体的にどのようなことが学べて、成人した時にどのように活かされるのか気になりますよね。実際には幼児教育を受けたことで、様々な分野で能力を遺憾なく発揮している人たちはたくさんいます。通常の学習塾は学校で受ける教育の延長上にありますので、科目ごとに教科の勉強を深めて行くのが目的。一方幼児教育では、詰め込み式の教育ではなく、主体性を伸ばすことを目的としているのが一般的です。何か一定のものを学ぶというより、学ぶことそのものの土台を作るのが主体。物事に興味を持ち、それを研究し身につけて行く一人ひとりのメソッドを育むのが幼児教育の本質と言えるでしょう。どの子がどのようなことに興味を持つかは千差万別ですから、具体的な教育に使うツールもまた多様です。あらゆる塾がオリジナルの教材を多数用意していて、子供が飽きないよう続けられる工夫をしているのが特徴です。文字パズルのような教材もあれば、算数の基礎に通じる教材、歴史や理科、自然科学などあらゆる分野に発展する芽を持つレッスンがたくさん。どんなものを手に取り、喜んで遊び続けるかはその子次第ですから、まずは一度体験レッスンに参加してみるのが一番ですね。